口腔外科

院長ごあいさつ

院長写真

 文字通り“お口の中とその周辺の外科”を専門的に扱う科ですが、具体的には、親知らずなどの難しい抜歯、口腔や顔面外傷の治療、口腔内の腫瘍や嚢胞(膿の袋)、奇形、顎変形症、インプラントのオペなどがあります。
 お口は消化器系のいりぐちであると同時に、外界に触れるデリケートな部分です。料理を味わい、会話を楽しみ、気持ちよく笑えるのも、お口の健康が保たれていればこそ。
 歯や口腔は全身の一部であり、決して独立しているものではありません最近の研究では歯周病や虫歯やかみ合せが全身に大きな影響を与えることがわかってきています
 初期のサインを見逃さず、適切に処置することがとても大切です。最新の治療技術でこれまであきらめてきたことが可能になったり、お口の中の各種疾患の早期発見と治療、それによる全身の健康保持でも重要性が増しています。
 当院では、口腔のケガや病気に対する適切で安全な治療はもちろんのこと、口腔内カメラなどの説明アイテムを揃え、お口の中の現状を知っていただいた上で、今必要な治療と将来必要とされる治療をわかりやすくご説明し、長期的なライフサイクルの中で患者さんご自身が積極的に口腔管理に参加していただけるような診療をこころがけています。

全身疾患のある方の歯科治療
 現在、全身疾患でお薬を飲んでいる方や、高血圧・糖尿病・心疾患などを患っている方は抜歯に限らず、歯科治療を安全を行うために必要な検査や術前処置を行い、歯科治療が原因でトラブルが怒らないように治療を行います。
親知らずなどの抜歯
 親知らずが横を向いて生えてしまっている場合や、半分埋まったままの抜歯を行います。笑気麻酔などを使用し、負担の少ない抜歯を心掛けています。
処置方法なども詳しく説明し、納得いただいたうえで処置を行います。
他院で「大学病院で抜歯」と言われたような症例も相談いただければ対応いたします。

良性腫瘍などの外科処置
 当院ではお口の中にできた良性腫瘍(りょうせいしゅよう)の手術も行っております。局所麻酔でお口の中にできる良性腫瘍は手術によって摘出、あるいは切除を行います。摘出物の病理検査(顕微鏡で見て悪性腫瘍などではないことの確認)も可能です。

外傷による1次救急
 何かにぶつけて口を怪我してしまった場合、すぐに当院に電話をしご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合、そこから感染する恐れがあります。出来るだけ早めの処置が必要です。
 また、ぶつけて歯が抜けてしまった場合や、ぐらぐらしていた歯が抜けた場合もすぐにお電話ください。早めの処置で歯を残せる可能性が高まります。
抜けてしまった歯は、軽く水洗いしてください。(決して根元は強くこすらないように)
 来院までの対処についてはお電話で指示いたします。
顎関節症 口腔乾燥症(ドライマウス)
お口が開きにくい。開けるときに痛みがある。関節から音が鳴る。このような症状を顎関節症といいます。噛み合わせ・歯ぎしり・外傷・精神的ストレスなど、顎関節症にはさまざまな原因や、複合要因の場合も考えられます。当院では多方面からの診査を行い総合的に判断したうえで、最適と思われる治療法をご提案します。 様々な種類がありますが、根の先にできるものが頻度として高く、体調が悪くなると歯茎の深い位置が腫れて痛みが出るといった症状が出ます。神経の治療では治癒困難な大きなもの、土台がはずせないようなケースでは外科的に除去することにより、抜歯を回避できることがあります。
口腔がん検診 自治医科大学との連携
当院では口腔内を総合的に検診することができます。お口の中から全身の病気を発見したり、一見歯周病や口内炎にみえる口腔ガンを発見したりすることも稀ではありません。歯とともにお口の中も定期的に検診を受けることが大切です。 大規模な外科手術の設備・体制が必要な場合は、提携している自治医科大学歯科口腔外科にて手術を受けていただくことも可能です。

症例(口腔外科