専門外来

院長ごあいさつ

院長写真

 木曜日の特別診療日に実施をしております。どうしても日が合わない方などはご相談ください。

当院では、「専門外来」として下記の外来を特別診療日に行っています。
※受診には事前に予約が必要ですので、電話か御来院いただき,ご相談ください。

・スペシャルニーズ歯科外来
自閉症などの方を対象にトレーニングを中心にケアや簡単な治療を行います。麻酔をするなどの大きな処置が必要な際は、歯の健康センターや自治医科大学での処置を行うことがあります。
現在、自治医科大学歯科口腔外科に在籍に”あかね先生”が担当いたします。
ケアは長期に続きます。医局の外勤ではありませんので、担当が変更になることはありません。
安心して長期にかかることができます。
・口腔乾燥外来(ドライマウス外来)


ドライマウスとは口腔乾燥症ともいいます。
唾液の分泌量が低下することで起こるお口の中の乾燥症状です。
口腔乾燥症は、外見からはわかりづらい病気です。そのため、周りの方から理解を得られにくく、お一人で悩んでいらっしゃる患者様が多いのが現状です。でも、あなたの症状を少し和らげることができるかもしれません。
    
口腔外科的な疾患の有無から漢方薬まで「ドライマウス認定医」が様々な治療方法をご提案いたします。
悩む前に、一度、ご来院・御相談ください。


・顎関節症外来(額顔面痛外来)
顎関節症とは

(1)顎関節部や、その付近の筋肉や靭帯の痛み
  (開閉口に伴う運動痛、咀嚼時の痛み、圧痛など)
(2)口が開きづらい(開口制限または開口障害)
(3)顎関節(雑)音(開閉口時に顎関節に音がする)

上記の3つの症状のうち、いずれかを有するものです。したがって、咬み合わせの違和感やズレ、首や肩のコリ、などだけが症状の場合には顎関節症ではありません。
また、顎関節症は、例えば、偏頭痛、顎関節リウマチや顎関節強直症(外傷や炎症などの後遺で全く口が開けられない)などの疾患を鑑別した後に下される臨床診断です。

顎関節疾患のなかでも、

(1)耳の前にある顎の関節や、その付近の筋肉が痛い
(2)口が開きづらい
(3)口を開け閉めする時に顎の関節に音がする
などの症状と呈する顎関節症の診断と治療を行いをおこないます。

症例(専門外来)